僕は、語学留学一年したのに、なんでさらに交換留学に申し込んだのか?

スポンサーリンク
留学

僕は、大学生のうちに、休学留学一年、そして、交換留学一年を経験するという稀なことをしています。(僕の周りには、誰もいません。)

大学生のうちに、留学するとしたら、休学しての語学留学、ワーキングホリデー、交換留学のいずれか一つでしょう。

しかし、僕は、大学生のうちに、二つの留学(一回目、語学留学、二回目、交換留学)を行います。

それは、どうしてなのかについて、今回、理由を4つ紹介したいと思います。

①英語をツールとして、学問を勉強したくなった

私は、語学留学、一年を経て、英語の最低限の基礎を築きました。

そして、私は、語学学校で、英語を英語で勉強するのではなく、英語をツールとして学問を学んでみたいという興味が湧いてきました。

また、語学学校では、勉強する仲間は、英語を母国語としない人たちです。次のステップとして、交換留学では、ネイティブの人たちと勉強することができます

せっかく、最低限の英語が身についたなら、それを生かして、もっといろんなことに挑戦してみたいと感じるようになりました。

②海外の大学に憧れがあった

よく、日本の大学は、入るのは難しいけど、卒業するのは簡単!って言われます。一方、海外は、入るのは、簡単だけど、卒業が難しいと言われます。

私は、海外の大学がどれくらい大変なのかシンプルに気になりました。

そして、4年間、日本の大学にいるより、そのうちの1年ぐらいは、海外の大学で受けた方が面白いと感じました。

そして、日本の教育システム、海外の教育システムの違いに興味がありました。

そして、日本では会うことができない、世界中から友達を作りたいという思いがありました

もちろん、交換留学の場合、海外の大学で取った単位を日本の大学に転換できるので、4年で卒業できます。(大学にもよると思いますが、基本的にそういうシステムです。)

③費用があまりかからない

私は、以前の記事で述べたように、一年間の休学留学でたくさんの費用がかかりました。

しかし、今回の交換留学では、あまり費用がかかっていません。

オーストラリアの大学は授業料がおよそ300万円ほどかかりますが、交換留学の場合は、日本の大学の授業料で充分です。

つまり、交換留学って、シンプルに言うと、一年間する勉強する場所の引っ越しなんです。

また、オーストラリアでも、家賃、生活費を支払う必要がありますが、私の場合、日本の大学で、一人暮らしをしているので、結局、どちらもかかります。

そのため、交換留学でかかる追加的な費用って、卒業などが遅れなければ、航空券、ビザ、保険ぐらいなのです。決して、安くはありませんが、、、 

④海外にもっと長く住みたかった。

これが、僕にとって、一番大きな理由です

私は、一年間の語学留学を終えて、帰ろうとするとき、もっと長く残りたいという気持ちがありました。

海外に滞在する方法って意外と難しいんです。

ワーキングホリデーでは、2.3年いられるけど、大学を休学するか、卒業まで待たなければならない。就職したら、いつ行けるか分からないし、駐在員に選ばなければならないし、好きな国にいける確約はありません。

そんな中で、交換留学は、私にとって、一番都合の良い選択でした。

卒業を遅らせない、費用がそんなにかからない、海外の大学に行ける、海外に住めるという最高の条件でした。

まとめ

以上が、私が、なぜ、大学在学期間に、二回留学した理由です。ぜひ、参考になればと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました