留学中にやって良かった(やるべき)5つの行動

スポンサーリンク
旅行

こんにちは!

今回は、留学中の方、これから留学に行く方に向けて、

一年以上留学している私が、「留学中にやって良かったと感じた5つの行動」を紹介します。

スポーツ(サッカー)をしたこと

一つ目に、スポーツをしたことです。

スポーツや趣味の活動に参加することで、ネイティブとの交流機会を持つことができます。

特に、語学学校に留学する方は、学校に先生以外、ネイティブはいないので、自分の趣味やスポーツを通して、ネイティブとの関わりを持つことが本当にオススメです。

ちなみに、僕は、語学学校で、「最近、英語、話せるようになってきた、聞けるようになってきた」と自信をつけて、

その後、サッカーチームに行って、「ネイティブの人、話すの早すぎて、何言っているのかさっぱりわからない」とガッカリするの繰り返しでした。

しかし、このように、スポーツを通して、ネイティブとの交流機会を持つことは、自分の英語力向上にとても役立ちました。

なので、留学中、自分の好きな趣味やスポーツを通して、ネイティブとの関わりを持つことは、とてもオススメです。

友達の誘いを断らない

二つ目に、友達の誘いを断らないことです。

そして、特に、「1回目」の誘いは絶対に断らないでしょう。

友達に「どこかいこう」と初めて誘う時って、結構、勇気要りますよね。

そして、外国人なら尚更です。

このように、誘うのに、大きな勇気を要するのは、決して日本人だけではありません。

そのため、1回目の誘いを断ると、2回目誘ってもらうことは難しくなると思います

なので、1回目の誘いは、多少、無理してでも、承諾するようにしましょう。

そうすることで、より親睦を深められますし、これからも何度も誘ってもらうことができますよ!

ぜひ、チャンスを見逃さないようにしましょう!

ケンブリッジ検定を所得したこと

三つ目に、ケンブリッジ検定(FCE)を所得したことです。

ケンブリッジ検定の具体的な話は、以下のブログに書いています。

語学学校で、ケンブリッジ検定のクラスに入るのがマジでオススメ!
みなさん、ケンブリッジ検定って知っていますか?ほとんどの語学学校では、ケンブリッジ検定の対策クラスがあります。今回は、ケンブリッジ検定(FCE)に合格した自分の経験に基づきながら、そのクラスで勉強する魅力が伝わればと思います。

ケンブリッジ検定は、日本ではあまり知られていませんが、オーストラリア、カナダ、イギリスなどでは、とても知名度があり、大学の入学基準の一つとして定めているところもあります。

また、TOEICやIELTSの有効期間が2年である一方、ケンブリッジの資格は、「永久」です。

そのため、留学の成果を一つの形として、持って帰られるので、とてもオススメです。

特に、せっかく留学するなら、何か資格や形に残るものが欲しいという方にはぜひ、所得して欲しいです。

世界中から友達を作ること

4つ目に、世界中から友達を作ることです。

留学では、本当にたくさんの出会いに溢れています。

そして、自分のネットワークを世界中に広げるチャンスです。

例えば、留学後、海外旅行をするときには、友達に紹介してもらったり、日本を案内することができます

私の場合、タイや韓国に行ったときに、留学で作った友達に案内してもらいました。

また、逆に、タイ、韓国、コロンビアの友達が、日本に旅行に来たとき、私に会いにきてくれました。

このように、留学中、世界中から友達を作ることは、「将来、会えなくなる」ワケではなく、留学が終わっても、会うことができます。

旅行したこと

五つ目に、旅行に行ったことです。

例えば、ワーホリ、長期留学の方には、日本にいる時よりも、自由な時間が多いと思います。

ぜひ、その時間を使ってたくさん旅行することがオススメです。

例えば、ブリスベン留学に行った私は、メルボルン、シドニー、ケアンズ、ゴールドコーストへ行きました。

そして、意外にも、オーストラリアの国内線の飛行機は安いんです。

大体、片道1万円前後で他の都市へ行くことができます。

また、オーストラリアからなら、タイ、インドネシア、マレーシア、ラオス、ニュージーランド等も日本から行くよりも近いので、ぜひ、オススメです。

また、これらの国への旅行は、英語が通じるので、留学で培った英語を生かすことができます!

まとめ

以上が、私が留学中にやって良かったと感じた5つの行動でした。

旅行留学
スポンサーリンク
シェアする
youtubeのチャンネル登録、Twitterのフォローもよろしくお願いします!
僕の留学生活(語学留学と交換留学)

コメント

タイトルとURLをコピーしました