留学(語学留学)でやれば良かったと後悔した5つのこと

スポンサーリンク
留学

こんにちは!

今回は、「留学(語学留学)でやれば良かったと後悔したこと」を紹介します。

ぜひ、現在留学中、これから留学に行く方は、僕のような後悔をしないようにしてください。

そもそも僕は留学に後悔しているのか

私は、今から、後悔していることをいくつか述べますが、しかし、私は、留学に行って本当に良かったと思っています。

実際に、後悔よりも、「行って良かった」と思う気持ちの方が圧倒的に多いです!

なので、今回は、「こうしとけば、もっと留学生活をよくできた」ということを紹介します。

ネイティブとの交流が少なかった

一つ目に、ネイティブとの交流が少なかった

これが、私の最も大きな後悔です。

私の留学中の友達のうち、99%が語学学校でできた友達でした。

つまり、語学学校でできた友達と毎日、一緒に過ごしていました。

もちろん、とても楽しく充実していたのですが、

もう少し、ネイティブとの交流する時間を増やしても良かったと思います。

実際に、英語の面で言えば、語学学校で作る友達とネイティブの人の英語では、スピードや使われる単語が異なるので、

ネイティブとの交流の機会を持つことも、もっと挑戦すべきだったと感じています。

SNSの活用

二つ目に、SNSの活用です。

私は、今でこそ、TwitterやBlogなどをやっていますが、当時は、写真を撮ってインスタグラムに投稿する程度でした。

もし、もっと積極的に、SNSで現地の生活などの情報発信をしておけば、いろいろなチャンスがあったと思います。

なので、留学にこれから行く方は、ぜひ、留学中に、SNSを活用して、人脈を広げたり、新しいことに挑戦して欲しいです。

アルバイトをしなかったこと

三つ目に、アルバイトをしなかったことです。

私は、留学中、英語が流暢ではないくせに、「日本食レストラン」では働きたくないという謎のプライドを持っていました。

そして、たくさんのローカルレストランにレジュメを配っても、結局、面接すらさせてもらえませんでした。

もし、アルバイトをしていたら、お金も稼げたし、良い経験を積めたのかなと後悔しています。

日記を書かなかった

4つ目に、日記を書かなかったことです。

留学中に、日記を英語であろうと、日本語であろうと、その日起きたことを書いておくことはとても役立つと思います。

ちなみに、私は、最初の1ヶ月ほどは、英語で書いていましたが、以降は、書くのをやめてしましました。

留学後、読んでみると、とても懐かしく感じられるので、その時の感情を、毎日記しておくと、とても良いと思います。

僕のように、途中で挫折せずに、続けておくと、後々、宝物になりますよ!

単語の勉強

5つ目に、単語の勉強です。

これは、留学中というより、「留学前にやっておくべきだった」と後悔しました。

私は、留学が半年ぐらい過ぎた頃から、ある程度、言いたいことを言えるようになりました。

しかし、自分が話すときに使っている語彙は、本当に限られた範囲の単語からでした。

そして、自分がもっと、幅広い言葉を使用して話すためには、単語量の増加の必要性を痛感しました。

そのため、ぜひ、留学前にこうした壁にぶつからないために、ぜひ、留学前にできる限り多くの単語を覚えておくのがオススメです。

まとめ

以上が、「留学(語学留学)でやれば良かったと後悔したこと」でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました