新型コロナウイルスにそっくりと言われている話題の映画を観て感じたこと

スポンサーリンク
留学

こんにちは!

今、SNSなどで話題になりつつある2011年に公開された「コンテイジョン」という映画知っていますか??

ちなみに、Netflixで見られます。

この映画、世界で大流行している新型コロナウイルスとそっくりなんです。

映画は、9年前に公開されており、

大まかな内容は

世界中で、高確率で死を招く感染症が広まっていき、大パニックに陥ります。

そして、原因不明のウイルスを止めるために、医師が立ち向かっていくというものです。

これからは、この映画を見た僕の感想を書いていこうと思います。

僕は、この映画を見て、改めてコロナウイルスの怖さというものを強く感じさせられました。

映画では、インターネットによるフェイクニュース、官僚の優先ワクチン摂取、情報の隠蔽、国民に隠して大切な人のみへの情報共有などの人間の「闇」にも触れています。

コロナウイルスの影響で、人間の闇の部分が剥き出されて、「協力」や「助け合い」ということが失われていくのを見るのはとても辛かったです。

この映画では、スーパーマーケットに食べ物がなくなること、一人一人の距離を空けること、濃厚接触者の隔離など、世界中で実際に起きていることも描かれています。

また、コロナウイルスに立ち向かっている医療関係の人がどれほど大きなリスクを背負って、命懸けで働いているのかということを痛感しました。

そして、この映画こそが、遅かったですが、私たちへの警告だったのだと感じました

だからと言って、今、大学生の僕ができることは、外出しないことだけ。

そして、それをできる限り他の人、周りの人にも伝えること

自分が外に出れば、無症状でもウィルスに感染して、大切な人へ二次感染させてしまうかもしれない。

そして、大切な人を失う恐れがある。

そして、大切な人の大切な人を失う恐れがあるということ。

学校やスポーツ活動がなくなって、時間を持て余すのではなく、

家で、これまでやりたくても時間がないからできないと自分に言い訳してやらなかったことや新しいことに挑戦としたいとおもいます。

一人一人が危機感を持つべきであるし、今後も、外出にでないようにしようと強く思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました