オーストラリア留学って、訛りある?

スポンサーリンク
留学

こんにちは!

みなさん、オーストラリア留学って訛りがあるのか心配じゃありませんか?

ちなみに、僕も、オーストラリアに留学に行くことを友達や家族に言うと、「オーストラリア英語は訛っている」と結構言われました。

今回、一年間留学した僕が、訛りがどーだったかついて話したいと思います。

では、早速、結論から、

オーストラリア留学で訛りを心配する必要なし!

理由1. 語学学校は、オーストラリア人講師だけじゃない

語学学校では、オーストラリア人だけではなく、沢山の国の先生がいます。

ちなみに、僕の語学学校では、カナダ、イギリス、アジア系オーストラリア、ウェールズなどの先生もいました。

そして、もちろん、オーストラリア人の先生も訛りを持っている人はあまりいません。

理由2. オーストラリア=強い訛りがある は偏見です

オーストラリアでは、訛りが強いのが田舎だと言われています。

しかし、ほとんどの語学学校は、都会に位置しているでしょう。

そして、大都市では、さほど訛りを感じないと思います

そして、そもそもオーストラリアは、多民族国家なので、オーストラリア人だけでなく、世界中の国の人が住んでいます

そのため、オーストラリアの訛りというよりは、留学中、色々な国籍の人のアクセントを聞きます。

理由3. 訛りは一年ぐらいでは身につかない

そして、一年や二年ほどでは、訛りをつけて話せるような英語力を身につけるのは、そもそもかなり難しいと思います。

一年程度で、オーストラリア英語が話せるほど、そんな簡単では無いと思います。

僕の場合、むしろ、日本人っぽい英語から抜け出せ無いくらいです。

理由4 そもそも訛りは個性

そもそも鈍りって悪いことでしょうか?

日本でも、関西弁、博多弁などありますが、別に悪い印象全くないですよね。

むしろ羨ましいくらいです、

そもそも、言語は、コミュニケーションをとるための手段であるので、伝われば大丈夫だと思います。

なので、訛りは、その人の個性であって、全く悪いものではないと思います。

以上が、

オーストラリア留学における訛りについてのお話でした。

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました