僕が、TOEIC890点を獲得したオススメTOEIC勉強法(使用した参考書を紹介!)

スポンサーリンク
英語

こんにちは!

実は、先日、9月13日、一年半ぶりぐらいにTOEICを久しぶりに受けてきました。

そして、今回、結果を見ると、以前の825点から、1ヶ月ほどの対策で、890点に点数を上げることができたので、僕が使用した参考書と勉強法を紹介したいと思います!

では、早速、使用した参考書を紹介します。

まず、一つ目に、

「新TOEICテスト 出る単特急 金のフレーズ」 です。

こちらは、TOEIC対策における「ど定番」の単語帳です。

試験場でも、多くの受験生が、試験前にこれを、見ていました。

実際に、僕も使ってみて、この単語帳の凄さを実感しました。神です!

とにかく、この単語帳に書いてある単語が、リーディング、リスニングともに、出題されます。

これまで、私は、「システム英単語(シスタン)、DUO、IELTS3500の三つの単語帳をやってきたから、TOEICまで、わざわざ単語帳を買いたくない」と避けてきましたが、買ってみて本当に大正解でした。

ちなみに、語彙数も1000語ほどなので、そんなに重くはないので、他の単語帳を完璧にしている人であれば、1ヶ月前に覚え始めれば、十分だと思います!

そして、二つ目に、

「TOEIC L&Rテスト 直前の技術ー受験票が届いてからでも間に合う11日間の速攻対策プログラム」です。

こちらの参考書では、各パートごとの取り組み方、コツなどが、細かく紹介されています。

TOEICでは、限られた時間で多くの問題を解かなければならないので、それぞれのパートのちょっとした小技を知っておくと、時間短縮になり、とても役立ちますよ!

また、模擬テストもついているので、本番を想定して、練習することもできます。

タイトルにもあるように、11日間で終えられるようになっているので、直前の対策として、ぜひ、もってこいの一冊です!

そして、三つ目に、

「TOEIC公式問題集」です。

こちらは、TOEICの問題を制作しているETSによる「公式問題集」であるので、

かなり本番に近い難易度で、問題に取り組むことができます。

そして、公式問題集には、2回分のテストと解説が収録されています。

値段は、約3000円ほどで、高いですが、本番のテスト(約6500円)をむやみに何度も受けるよりは、効率的です。

試験前に、公式問題集を一回、本番を想定して、解いてみることで、本番の時間配分を組み立てることもできるので、ぜひ、オススメです。

以上が、僕のTOEICの使用した参考書でした。

ぜひ、これらの参考書を使って、勉強・対策をしてください!

最後まで、読んでいただきありがとうございました!

と終わるつもりでしたが、今回、せっかく最後まで読んでいただいたので、リスニングの勉強法をさらに紹介したいと思います。

なんと、TOEICのリスニングって、意外とYoutubeで、無料でできるんです。

「TOEIC LISTENING」さんというチャンネルさんが、TOEICのリスニングの練習問題を提供しているので、こちらも、ぜひ、オススメです。

最後まで、読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました