2024年最新版!TOEFL対策おすすめ参考書ランキングTOP5

スポンサーリンク

※本ページはプロモーションが含まれています。

TOEFLは、海外大学進学や交換留学において、英語条件資格の一つとしてよく使われます。

そして、TOEFLは、TOEICと名前が似ていますが、TOEIC以上に、対策と勉強時間が必要となります。

そこで、今回、TOEFLでハイスコアを目指す皆さんへ、2024年最新版のおすすめ参考書を5つご紹介します。

様々な観点から厳選したので、ぜひ、参考にしていただければと思います。

参考書の選び方

おすすめ参考書をご紹介させていただく前に、まずは参考書の選び方についてです。

まず、最新版かどうかを確認し、試験形式や出題傾向が合致しているかを確認してください。

また、設問に対しての解説がわかりやすいかつ練習問題や模擬試験が豊富なものを選ぶのがオススメです!

そして、今から、これらの条件を満たす5つの参考書をご紹介いたします!

TOEFLテスト英単語3800 4訂版 (TOEFL(R)大戦略)

一つ目は、「TOEFLテスト英単語3800」です。

TOEFL試験対策の第一ステップとして、まずは単語力です!

TOEFLの試験は、大学受験やビジネス寄りのTOEICと異なって、アカデミック(学問的)な内容が出題されます。

そのため、皆様がお持ちの単語帳ではなく、TOEFL専門の単語帳が高いスコアを取るには必須となります!

そして、私のオススメが、こちらの「TOEFLテスト英単語3800」です。

この単語帳は、TOEFLでの出題傾向の高い3800語の英単語を厳選して収録しており、TOEFL試験での幅広い問題での使用を想定しています。

日常会話では使わないような、かなりアカデミックな単語も出てくるため、覚えずらく挫折しそうになりますが、ここでの頑張りがリーディングに効いてきます!

毎日少しずつコンスタントに学習すれば、徐々に覚えることはできますし、この単語帳はTOEFL専用単語帳として、試験に対して広く網羅しているのでオススメです!

The Official Guide to the TOEFL iBT Test (Official Guide to the TOEFL Test) 

二つ目は、「The Official Guide to the TOEFL iBT Test 」です。

“The Official Guide to the TOEFL iBT Test (Official Guide to the TOEFL Test)”は、TOEFL iBTテストの公式ガイドブックです!

試験の正式なガイドブックなので、一番しっかりと試験形式や出題傾向を把握することが出来ます。

また、幅広い練習問題が用意されているので、各セクションの対策もしっかりと出来ます!

また、公式テキストなので、本番と最も近しい難易度の問題に取り組めるので、制限時間を設けて、解いてみるのがオススメです!

公式テキストで本番同様の問題を解きたい方におすすめの一冊です!

はじめてのTOEFLテスト完全対策 3訂版 (TOEFLテスト大戦略シリーズ 1) 

三つ目は、「はじめてのTOEFLテスト完全対策 3訂版」です。

こちらは、TOEFLテスト初受験者におすすめの参考書です。

試験に対策するために、基本的な英語スキルから始め、リスニング、リーディング、スピーキング、ライティングの各セクションにわたる対策を易しく解説してあります。

セクションごとの戦略やアプローチが書いてあるので、初めてのTOEFLテスト受験者にとって持っておきたい一冊です!

基礎からスタートしていきたい方にピッタリな一冊です!

極めろ! TOEFL iBT® テスト スピーキング・ライティング解答力 

4つ目は、「極めろ! TOEFL iBT® テスト スピーキング・ライティング解答力」です。

こちらは、TOEFL iBTのスピーキングとライティングに特化した参考書です。

他の参考書と異なり、2技能に絞っている分、濃くしっかりと対策をすることが出来ます!

解答例や解説が詳細に記載されているのも大きな魅力です!

スピーキングとライティングに苦手意識がある方も多いかと思います。

この一冊によって、たくさんのアウトプットを行い、解説による改善を重ねることでて、自分の弱点をどんどん潰していくことが出来ます。

スピーキングとライティングスキルに苦手意識がある方、もしくはこの分野を武器としてもっと伸ばしたいという方にオススメの一冊です!

TOEFLテストリスニング問題190 4訂版 (TOEFL(R)大戦略)

5つ目は、「TOEFLテストリスニング問題190 4訂版」です。

こちらは、TOEFLテストのリスニングに特化した問題集で、本番同様の形式で幅広いに触れることが出来ます。

リスニングスキルはなかなか短期間で伸ばすことが難しいですが、多くのリスニング問題に取り組むことで、様々なアクセントや試験における話者のバリエーションになれることができ、本番に焦る必要がなくなります。

パッと成果を出すには難しいですが、問題形式や問題のバリエーションに触れておくだけでも、当日試験に落ち着いて臨むことができるので、おすすめの一冊です!

まとめ

TOEFL対策に向けて、5つのオススメ参考書をご紹介させていただきました。

これらの書籍を併用して、自信を持って試験に臨んでください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました