留学で驚く日本人が知らない海外特有のマナー5選!

スポンサーリンク
留学

留学で海外のクラスメートや友達に「何か失礼なことしたらどうしよう?」と心配な方いませんか?

日本では当たり前な行動が、海外では失礼に当てることだってあります。

今回は、留学中に僕が驚いた海外の人の習慣やマナーなどについて紹介します。

1.握手、キス、ハグ

留学中、ヨーロッパ、南米の生徒は、友達やクラスメートとその日初めて会う時の挨拶は、男同士なら基本握手です。

(現在は、コロナウイルスの流行中のため、政府が避けるよう指示しているため、やらない)

また、男性は、南米の女性に、挨拶するときは、頬にキスします

ちなみに、ヨーロッパのフランスなどでもそうです。

挨拶は、仲を深めるためにも基本的なマナーなので、ぜひ、相手の習慣にリスペクトを持って接してください。

最初は、慣れないと思いますが、1ヶ月もあればなんの抵抗もなく当たり前になると思います。

2.くしゃみや咳は肘で覆う。

海外の人は、くしゃみや咳をするとき手で隠さず、肘で多います。

友達に理由を聞いたところ、手を使わないのは、手が日常で最も使う部分だからです

握手をしたり、ドアを開け閉めしたり、スマホを触ったり、文字を書いたり、「手」はいろいろな場面で使います。

なので、彼らは、手に菌をつけないように、肘で覆います。

肘ならほとんど日常で使うことはありませんよね

僕もこれを聞いたとき、「確かに」と感じたのを覚えています。合理的ですよね。

ぜひ、くしゃみやせきをするときは、肘でおおってください。

3.くしゃみをしたらexcuse meとbless you

日本では、くしゃみをしたら、「すいません」と言うと思います。

英語では、「Excuse me」と言います。そして、一緒にいた人は、お大事にという意味を込めて、「Bless you」 と返します。

A) くしゅん、Excuse me

B) Bless you

という感じです。

日本では、くしゃみをした後に、「お大事に」と返されるのは、あまりない習慣なので、ぜひ、覚えておいてくださいね。

4.ラーメンで音はたてない。

日本では、食事中、音を立てるとき、行儀が悪いとされますよね。しかし、なぜか、ラーメンだけは許されていますよね。

海外では、ラーメンも、もちろん例外にはなりません。

そもそも、海外の人にとって、ラーメンは、日本のように日常的に食べません。

そのため、僕の友達は、僕が、ラーメンを吸い上げながら食べられることに驚いていました。

実際に、彼が、音を立てながら麺を吸い上げる事は、難しくてできませんでした。

日本人が持つ特有なスキルかもしれません笑

もし、海外の友達の前で、「ずー」と音を立てて麺類を食べれば、友達は違和感を抱く苦かもしれないので、ぜひ、そのスキルを隠すか、友達に日本の習慣を伝えましょう。

5.マスク

日本では、風邪を引いていなくても、風邪を予防してマスクをつけますよね。

しかし、海外では異なります。

海外では、マスクは、風邪を引いている人しか付けません

なので、海外の人は、マスクを付けていると、風邪を引いていると思うので、マスクを付けている人を避ける傾向があります。

なので、外を歩くときら風邪を引いていないなら、誤解を生まないためにも、マスクはつけない方がいいでしょう。

(現在は、コロナウイルスの流行なので、予防するためにつけてください。これはあくまで通常の時の話です。)

まとめ

以上が、留学中、日本人が気をつけるべき5ツノ海外特有のマナーです。

知っていると役立つと思うので、ぜひ、覚えていただけたらと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました