<ネイティブキャンプ講師による>英語が伸びる生徒のレッスンの仕方(講師の有効活用方法)

スポンサーリンク
英語

こんにちは!

今回は、

オンライン英会話ネイティブキャンプ講師(現在約300レッスン)をしている私が、

様々な生徒とレッスンをしてきた中で、「これはすごいな!」、「講師を有効活用しているな!」と感じた生徒を紹介します。

そもそも、

ネイティブキャンプでは、1人の講師を26分間どのように使いこなしても良いんです。

使い方は、生徒次第です!

ぜひ、先生との時間を有効活用しましょう。

では、具体的に、どんな風に、時間を使うのが良いのか、例を6つ示しますね。

1.留学の経験、現地の情報について聞く方

ネイティブキャンプ日本人講師には、留学経験がある方がとても多いです。

そのため、もし、留学を考えている方、行く予定がある方には、留学生活について話を聞く絶好に機会です。

僕の生徒の中にも、僕のプロフィールを見て、メルボルンやブリスベン留学について興味を持って、授業をとってくれる方がいます。

そこで、街の雰囲気、語学学校、現地の生活、家、バイトなど沢山の情報をシェアしたりします。

なので、ぜひ、留学のことなどで聞きたいことがあれば、その留学先に行ったことのある日本人講師と話してみるのも良いと思います。

2.学校の課題について聞く方

こちらも、良い活用方法だと思います。

私の場合、これまで、高校生の宿題や大学のレポート、課題などを教えたことがあります。

特に、大学のレポートや課題の場合、単位を落とすわけにはいかないですよね。

そのため、僕に文法的な間違いのチェックをお願いしたり、一緒に翻訳を考えたりしました。

このような時間の使い方も、成績を上げる手助けになると思いますので、オススメです。

3.外国人講師に聞けない内容を日本人講師に日本語で質問

英語で質問して、英語で答えてもらうのって難しくありませんか?

例えば、細かい文法の質問を英語で質問して、外国人講師に英語で教えてもらうとなると、かなり高い英語力が必要になると思います。

もちろん、そのような姿勢はとても素晴らしいです。

しかし、もし、どうしてもわからない場合は、時に、日本人講師に日本語で解説してもらうことも良いと思います。

4.生徒自身が、話すテーマを決めて議論する

毎日、レッスンを受けていて、そろそろ話すことがないなーという生徒もいると思います。

そんな方にオススメなのが、テーマを決めて、先生と議論することです。

例えば、ある生徒は、いつもテーマを持ってきて、僕とのレッスンをしてくれます。

例えば、「今日は、AIと人間の仕事について話したいです。」、「今日は、コロナについて話しましょう」などと冒頭に、自分が話したいお題を言って、26分間議論して、英語力を高めようとしています。

このように、テーマを決めて議論することは、大学の講義、留学などにもとても役に立つと思います。

5.英語でプレゼンを作り、先生に見せ、フィードバックをもらう

アウトプットの一環として、先生にプレゼンテーションをすることも英語力向上にとても役立つと思います。

ある生徒は、大学のゼミで、英語のプレゼンテーションがあるため、僕に見てほしいと言って、発表してくれました。

そして、僕なりの出来る限りのフィードバックをしました。

また、プレゼンテーションは実際の発表だけでなく、その過程でデータを英語で調べたり、スライドを作ることも必要となります。

そのため、英語力向上にとても役立つと思いますので、ぜひ、オススメです。

6.講師の英語学習方法や経験を聞く

ネイティブキャンプの講師は、帰国子女だけでなく、独学で勉強した人も沢山います。

ちなみに、僕が行った留学の期間も、たった一年半ほどです。

つまり、日本生まれ日本育ちであり、ほとんどの英語学習は、日本で行いました。

そのため、生徒と同様に、英語学習においての苦労や大変さを知っていると思います。

そのため、講師に、「どうやって英語を勉強したか」、「どのような参考書を使っているのか」、「どのような勉強を継続したのか」、「どんな勉強が役に立つか」

など講師に英語学習について聞いてみるのは、とても参考になると思います。

まとめ

以上が、英語が伸びる生徒のレッスンの仕方(講師の有効活用方法)でした。

講師との時間の使い方は、自由ですので、ぜひ、有効活用しましょう!

ちなみに、僕は、できる限りなんでも応じます!

下記の広告から1週間の無料体験もできますので、体験したい方は、ぜひ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました